平成28年度アジアにおける日本映画特集上映事業終了報告

2017年1月13日(金)に開幕した文化庁主催「日本映画祭2017 最新作大集合! 日本映画とアニメーション」(平成28年度アジアにおける日本映画特集上映事業)は1月19日(木)に7日間の会期を終え,閉幕しました。
ミャンマーでの初めての開催となった本事業は, 最大都市ヤンゴンの中心部にあるネピドー・シネマを会場とし, 開幕上映作品の『バクマン。』をはじめ日本映画,アニメーション作品の長短編29作品を13プログラムの構成で上映しました。土日は558席の客席がほぼ満席となり, 会期全体でも客席占有率が80%を超えるなど, 日本映画, アニメーションに対する関心の高さが窺われました。また, 今回はミャンマーにおける外国映画祭としては初めて全作品をビルマ語付きで上映する許可を得, 市民の皆様に作品をより深く楽しんでいただくことができました。

開幕式にはミャンマー映画協会会長で, 俳優, 映画監督のルミン氏, 映画監督のテイン・トゥッド氏, 脚本家, 映画監督のアウンミン氏, 撮影監督のアンコーラ氏などミャンマーの映画関係者も多数来場しました。日本からは下記の22名の作品関係者, 作品検討委員が参加し, 舞台挨拶や質疑応答を通じて観客と交流しました。

大根仁氏(『バクマン。』監督)

三木康一郎氏(『植物図鑑 運命の恋、ひろいました』監督)

石塚慶生氏(『植物図鑑 運命の恋、ひろいました』プロデューサー)

英勉氏(『ヒロイン失格』監督)

那須田淳氏(『映画ビリギャル』プロデューサー)

古川タク氏(『コーヒーブレイク』監督, 作品検討委員)

谷耀介氏(『堀川出水入る』監督)

見里朝希氏(『あたしだけをみて』監督)

刘新新氏(『夏の女神の口の中』監督)

小川育氏(『I think you’re a little confused』監督)

藤幡小光氏(『so near yet so far』監督)

久目健人氏(『オバケのウィリー』監督)

小島良介氏(『オバケのウィリー』監督)

岡崎恵理氏(『FEED』監督)

橋爪伸弥氏(『怪獣風呂』監督)

ムトウアキヒト氏(『ボンとハレトモ〜古代遺跡で大慌て』監督)

はらだかおる氏(『ボンとハレトモ〜古代遺跡で大慌て』監督)

伊藤圭吾氏(『何も見なくていい』監督)

幸洋子氏(『ズドラーストヴィチェ!』監督)

岡本美津子氏(作品検討委員, 東京藝術大学大学院教授)

恩田泰子氏(作品検討委員, 読売新聞文化部記者)

布山タルト氏(ワークショップアドバイザー,東京藝術大学大学院教授)

上映のほか, 国立ヤンゴン芸術文化大学の学生を対象とし, アニメーション・ワークショップを開催しました。谷耀介氏, 見里朝希氏, 小川育氏, 藤幡小光氏, 岡崎恵理氏, 橋爪伸弥氏, 伊藤圭吾氏が講師として参加。それぞれの作風を活かした画材を使って, 79名の学生がグループに分かれて制作し、自ら描いた絵を動かす楽しさを体験しました。

会場となったネピドーシネマ外観

開幕上映の開場を待つ観客(1月13日)

開幕上映『バクマン。』の質疑応答。右から大根仁監督、司会の恩田泰子氏

『映画ビリギャル』の質疑応答。那須田淳プロデューサー(1月14日)

『植物図鑑 運命の恋、ひろいました』の舞台挨拶。左から三木康一郎監督、石塚慶生プロデューサー(1月14日)

『ヒロイン失格』の舞台挨拶。英勉監督(1月14日)

「短編アニメーション1」プログラムの舞台挨拶。古川タク氏(1月15日)

「短編アニメーション2」プログラムの舞台挨拶。作家全員が登壇(1月15日)

ヤンゴン芸術文化大学で行なわれたアニメーション・ワークショップ(1月16日)

文化庁委託事業 平成28年度アジアにおける日本映画特集上映事業
ヤンゴンで初開催
「日本映画祭2017 最新作大集合! 日本映画とアニメーション」のお知らせ

2017年1月5日

一般社団法人ジャパン・イメージ・カウンシル(JAPIC)は,文化庁の委託を受け,2017年1月13日から1月19日までの7日間,ミャンマーのヤンゴンで日本映画祭2017「最新作大集合! 日本映画とアニメーション」(文化庁主催,在ミャンマー日本国大使館/ミャンマー情報省共催)を開催いたします。本事業は,2004年より続く文化庁委託事業「アジアにおける日本映画特集上映事業」として実施され,ミャンマーにおける日本文化への理解や親しみの深化を図るとともに,映画・アニメーションの分野における若手を中心とした人材交流,人材育成を目的とします。

通算13回目となる本年度は,長編11作品,短編18作品,合計29作品を13プログラムで構成し,新作を中心とした多彩なプログラムによって,ミャンマーにおいてはかつてない規模で日本の映画とアニメーションの現在を紹介いたします。

オープニング作品は,高校生二人がコンビを組み,マンガ家への道を歩んでいく青春映画『バクマン。』に決まりました。本作品は日本映画プロフェッショナル大賞ベストワンをはじめ数々の映画賞に輝いた2015年を代表する日本映画で,クールジャパンを代表するマンガの世界を紹介する意味でもその反応が注目されます。

一般プログラムでもミャンマー未公開の日本映画の最新作,近年の内外の映画祭等で高く評価された作品,話題作,異色作をラインナップしています。実写作品は,『クロユリ団地』,『くちびるに歌を』,『映画 ビリギャル』,『ヒロイン失格』,『さらば、あぶない刑事』,『植物図鑑 運命の恋,ひろいました』の6作品,アニメーション作品は,『思い出のマーニー』,『花とアリス殺人事件』,『バケモノの子』,『BORUTO NARUTO THE MOVIE』の長編4作品に加えて,短編アニメーション作品を「巨匠たちの足跡」と「20代監督作品集」の2プログラムに分けて上映いたします。

また,作品の上映のほか,交流プログラムとして,1月16日には「アニメーション・ワークショップ」を国立ヤンゴン芸術文化大学で実施いたします。

【開催概要】

事業名:平成28年度アジアにおける日本映画特集上映事業

行事名:日本映画祭2017「最新作大集合! 日本映画とアニメーション」

会期:2017年1月13日(金)~1月19日(木)

会場:ネピドー・シネマ

内容:映画・アニメーション上映,ワークショップ

主催:文化庁

共催:在ミャンマー日本国大使館,ミャンマー情報省,一般社団法人ジャパン・イメージ・カウンシル

協力:ミャンマー映画協会,国立ヤンゴン芸術文化大学,ワッタン映画祭,国立大学法人東京藝術大学,国際交流基金アジアセンター,日本アニメーション協会,一般社団法人日本映画製作者連盟,一般社団法人日本動画協会,公益財団法人ユニジャパン

開催パートナー:ミンガラー株式会社

【上映プログラム(全13プログラム)】

<実写作品>

1. 開幕上映作品

『バクマン。』(大根仁監督/2015/120分)

2. 『クロユリ団地』(中田秀夫監督/2013/106分)

3. 『くちびるに歌を』(三木孝浩監督/2015/132分)

4. 『映画 ビリギャル』(土井裕泰監督/2015/117分)

5. 『ヒロイン失格』(英勉監督/2015/112分)

6. 『さらば あぶない刑事』(村川透監督/2016/118分)

7. 『植物図鑑 運命の恋、ひろいました』(三木康一郎/2016/112分)

<アニメーション作品>

1. 『思い出のマーニー』(米林宏昌監督/2014/103分)

2. 『花とアリス殺人事件』(岩井俊二監督/2015/100分)

3. 『バケモノの子』(細田守監督/2015/119分)

4. 『BORUTO NARUTO THE MOVIE』(山下宏幸監督/2015/95分)

5. 「短編アニメーション1 アートアニメーション傑作選—巨匠たちの足跡」(7作品)

『人間動物園』(久里洋二/1962/3分)

『鬼』(川本喜八郎/1972/8分)

『コーヒーブレイク』(古川タク/1977/5分)

『おこんじょうるり』(岡本忠成/1982/25分)

『ジャンピング』(手塚治虫/1984/6分)

『頭山』(山村浩二/2002/10分)

『つみきのいえ』(加藤久仁生/2008/12分)

6. 「短編アニメーション2 ほとばしる情熱! 20代監督作品集」(11作品)

『堀川出水入る』(谷耀介/2015/4分)

『あたしだけをみて』(見里朝希/2016/8分)

『夏の女神の口の中』(リュウ・シンシン/2016/6分)

『I think you’re a little confused』(小川育/2016/9分)

『so near yet so far』(藤幡小光/2016/4分)

『オバケのウィリー』(久目健人、小島良介/2014/4分)

『FEED』(岡崎恵理/2016/7分)

『怪獣風呂』(橋爪伸弥/2016/5分)

『ボンとハレトモ〜古代遺跡で大慌て』(ムトウアキヒト、はらだかおる/2015/11分)

『何も見なくていい』(伊藤圭吾/2014/4分)

『ズドラーストヴィチェ!』(幸洋子/2015/5分)

【交流プログラム】

<アニメーション・ワークショップ>

日時:2017年1月16日(月) 10:00〜17:00

会場:国立ヤンゴン芸術文化大学

講師(チームリーダー/敬称略) : 伊藤圭吾(『何も見なくていい』),小川育(『I think you’re a little confused』),岡崎恵理(『FEED』),谷耀介(『堀川出水入る』),橋爪伸弥(『怪獣風呂』),藤幡小光(『so near yet so far』),見里朝希(『あたしだけをみて』)

参加者:70名(映画・ドラマ学科45名、芸術学科絵画専攻25名)

内容:70名の参加者が10名ずつ7つのグループに分かれて「しりとりアニメーション」を制作。基本的なアニメーションの動かし方、作画方法を学ぶと同時に、絵のしりとりをすることでアニメーションの醍醐味であるメタモルフォーゼの面白さを体感する。講師は「短編アニメーション2 ほとばしる情熱! 20代監督作品集」で上映される若手アニメーション作家から選抜された7名が担当し、それぞれの作風を活かした指導を行うことで、グループごとの特色も出ることも狙いとする。最終的には70名でひとつの流れを生み出すダイナミックな「しりとりアニメーション」になる。

本件に関するお問い合わせ先:
一般社団法人ジャパン・イメージ・カウンシル(JAPIC)
Tel: 03-6670-5676 / Fax: 03-5466-0054
e-mail: japic@japic.jp
担当:池田・門脇

世界のインディペンデント・アニメーション2016(東京)

「世界のインディペンデント・アニメーション2016」は、「アニメーション・アーティスト・イン・レジデンス 東京2016」(A-AIR2016)で招へいした世界の気鋭のアニメーション・クリエイターを紹介するとともに、過去5年間の選抜作品集を上映し、世界のインディペンデント・アニメーションの最新動向を 上映とトークによって紹介します。

 

「アニメーション・アーティスト・イン・レジデンス東京」(A-AIR)とは?

本事業は、文化庁が主催する「海外メディア芸術クリエイターの招へい事業」として、世界から若手の優秀なアニメーションのクリエイターを東京に招へいし、日本のアニメーション文化に触れながら、作品を制作する機会を提供するアーティスト・イン・レジデンス・プロジェクトです。優れた作品の成果を促すとともに、メディア芸術における国際交流を推進し、交流機会を通じた国内クリエイターの育成を図ることを目的として、2010年度から毎年実施しています。本年度は世界54カ国199件の応募があり、ベルギー、オランダ、メキシコから3名が選ばれました。
 


【プログラム】

平成22年度から始まった「海外メディア芸術クリエイター招へい事業」の本年度の成果を発表するとともに、招へい作家の代表作、および過去5年間、本事業に参加することで制作された作品の選抜プログラムを上映し、3部構成で世界のインディペンデント・アニメーションの最新動向を上映とトークによって紹介します。終了後は招へい作家を囲み、観客のみなさんとの交流会を予定しています。世界のトップレベルの若い才能に出逢うチャンスにぜひご参加ください。
 

2016年3月12日(土) 開場14:30 / 開会15:00

【第1部】15:00〜16:35 A-AIR2016 招へいクリエイター代表作上映&ミニ・トーク
【第2部】16:45〜17:45 企画上映 ただいまTOKYO、ホップホップ! A-AIR選抜作品集
【第3部】17:50〜19:00 成果発表及び総評

 


【第1部】15:00~16:35 A-AIR2016 招へいクリエイター代表作上映&ミニ・トーク

◎イントロダクション
海外メディア芸術クリエイター招へい事業「アニメーション・アーティスト・イン・レジデンス東京2016」
(略称:A-AIR2016)について
入江良郎(文化庁文化部芸術文化課芸術文化調査官)
 
◎上映+解説
『イクリプス』 ジャッキー・ドゥグルーン(ベルギー 6分 2014)
『テープ・ジェネレーションズ』 ヨハン・ライマ(オランダ 2分 2011)
『ソフィア』 リリアン・バスケス(フランス 7分 2014)
A-AIR2016招へい作家プロフィールはこちら
 
◎ミニトーク
ジャッキー・ドゥグルーン「ゲント王立芸術アカデミー“KASK”での教育について」
ヨハン・ライマ「オランダのクリエイティブ・レギュレーションズ」
リリアン・バスケス「偶然的なインディペンデント・アニメーション」
 


【第2部】16:45~17:45 企画上映 ただいまTOKYO、ホップホップ!A-AIR選抜作品集

高倍率の難関を突破し、世界各国から集まったアーティストが、言語や習慣の違う異国で集中して創作に浸りながら、日本という異文化に触れ、やがて完成した作品群です。ある時は後のアイディアの源泉となり、またある時はブレイクスルーのきっかけとなったであろう6カ国7作品。世界の映画祭で上映され、東京に戻ってきました!
 
『めまい』 クリストフ・ゴートリー + マチュー・ブリスブラ(フランス 8分 2012)
『パブ』ジョゼフ・ピアス(イギリス 8分 2012)
『マリリン・マイラー』マイキー・プリーズ(イギリス 6分 2013)
『さようならウサギ、ホップホップ』ケイレブ・ウッド(アメリカ 4分 2013)
『スッカバルタン通り8番』エッリ・ヴオリネン(フィンランド 7分 2013)
『黒』トマーシュ・ポパクル(ポーランド 14分 2015)
『SHIKA』 オフラ・コブリネル(イスラエル 4分 2015)
 


【第3部】17:50~19:00 成果発表及び総評

招へい者たちの東京滞在中の研修を担当した日本のアニメーション作家、研究者を交え、招へい者が東京で何を発見し、どのように新作に活かしているか、豊富な映像資料を使って報告します。アニメーション制作の過程を知る希有な機会です。
●ジャッキー・ドゥグルーン『Hat Trick』(ハットトリック/仮題)
●ヨハン・ライマ『Scale』(スケール/仮題)、『Extrapolate』(推定/仮題)
●リリアン・バスケス『Present is All We Have』(今がすべて/仮題)
●木船園子(東京工芸大学教授、アニメーション作家)
●小出正志(東京造形大学教授、アニメーション研究者)
●山村浩二(東京藝術大学大学院教授、アニメーション作家)
 



日時:2016年3月12日(土) 15:00-19:00(14:30開場)
会場:青山学院アスタジオ

〒150-0001東京都渋谷区神宮前5-47-11
(東京メトロ銀座線・半蔵門線・千代田線表参道駅B2出口より徒歩5分/
http://aogaku-astudio.com/wordpress/access/

 
事前予約可・入場無料
2016年3月11日(金)までに、参加希望者のお名前(人数分)、代表者のお電話番号をメールで rsv@japic.jp 宛にお知らせください。
※予約なしの当日入場も可能ですが、予約いただければ確実にお席をご用意いたします。
 

☞ お問い合わせ
ジャパン・イメージ・カウンシル(JAPIC)
TEL: 03-6670-5676 / FAX: 03-5466-0054

〒150-0002 東京都渋谷区渋谷2-10-2
http://japic.jp/

 
主催:文化庁
共催:一般社団法人ジャパン・イメージ・カウンシル(JAPIC)、青山学院大学総合文化政策学部


作品解説

第一部
A−AIR2016招へい作家代表作品

『イクリプス』ジャッキー・ドゥグルーン (ベルギー 6分 2014)
Eclipse Jacky DE GROEN / 6 min / 2014 (Belgium)
月食は夜の中の夜。日の入りがあり、月の入りが来る。夜になり、暗闇が来る、そして体はその境界を失う。


 

『テープ・ジェネレーションズ』ヨハン・ライマ (オランダ 2分 2011)
Tape Generations Johan RIJPMA / 2 min / 2011 (Netherlands)
たくさんのテープが、展開と変性の長いプロセスを経て、予測不可能だがどこか見覚えのある形状や動きを生み出す。


 

『ソフィア』リリアン・バスケス (フランス 7分 2014)
Sofia Lilian VAZQUEZ / 7 min / 2014 (France)
ソフィアは毎晩、夢で愛する人に会えることを願って眠りにつく。歌川広重の『井の頭の池 弁財天の社雪の景』に強く触発された作品。

第二部
ただいまTOKYO、ホップホップ!A-AIR選抜作品集

『めまい』 クリストフ・ゴートリー + マチュー・ブリスブラ (フランス 8分 2012)
Vertige Christophe Gautry, Mathieu Brisebras / 8 min. / 2012 (France)
人々は無意識のうちに都市に完全に縛られている。しかし違う角度から見たら、都市は再発見・再構築され得る新たな空間となる・・・。
 

 

『パブ』ジョゼフ・ピアス (イギリス 8分 2012)
The Pub Joseph Pierce / 8 min. / 2012 (U.K.)
ケミが働くロンドンの怪しげなパブ。酒が注がれるにつれ、バーカウンターを挟んで様々な人間模様が繰り広げられる。
 

 

『マリリン・マイラー』マイキー・プリーズ (イギリス 6分 2013)
Marilyn Myller Mikey Please / 6 min. / 2013 (U.K.)
マリリンは自分が良いと思えるものをなんとかして作ろうとしている。これは想像していたよりもずっと良くなる。完璧以上に完璧になる。もう失敗のしようがない。
 

 

『さようならウサギ、ホップホップ』ケイレブ・ウッド (アメリカ 4分 2013)
Goodbye Rabbit, Hop Hop Caleb Wood / 4 min. / 2013 (U.S.A.)
都会の中で心は内省し、ウサギの領域に逃げ込んでいく。
 


 

『スッカバルタン通り8番』エッリ・ヴオリネン (フィンランド 7分 2013)
Sukkavartaankatu 8 Elli Vuorinen / 7min. / 2013 (Finland)
次々と見つかる小さな靴下。足が冷たいと感じているのは誰だろう? 人生のさまざまな小さい要素が過去を水に流してくれるという奇妙な自叙伝。


 

『黒』トマーシュ・ポパクル(ポーランド 14分 2015)
Black Tomasz Popakul 14min. 2015
地上で起きた核戦争によって、宇宙船に閉じ込められた男女。2人にできることは、地表の核爆発を眺めること、そしてなんとか2人で生き延びようとすることのみ。


 

『SHIKA』 オフラ・コブリネル(イスラエル 4分 2015)
SHIKA Ofra Kobliner/ 7min. / 2015 (Israel)
ある朝ふと気が付くと、雌鹿が彼女を見守っている。最初は驚いたが、やがて雌鹿を受け入れるようになる。イスラエルの詩人ヨナ・ワラの詩から着想。